八重樫コンサルティング30 西原 豊明の実践談 イマイチなの?について

西原 豊明さんの八重樫コンサルティング30って情報教材

週刊誌のサイトで見付けたけど

気になるなぁ。

公式サイトをみたら、結構いいかんじだから、

始めてみたくなるかもね。

⇒ 気になる評判をさらに調べる

どう?悪くないよねぇ?

でも、私に出来るかなぁ・・。

西原 豊明さんの八重樫コンサルティング30

もう少し読んで検討してみよう。

—————————————————————————–
それでは、本日の恋愛あるあるです。

恋人への愛の中には話す言葉よりも沈黙が隠れている。

恋愛中の男性が彼女に向かって二人きりで語りかけるとき、女の人は話している言葉ではなく沈黙に心が震えていることが多い。

一見、拒否的な、もしくはおとなしい態度が、女の人の魅力を高めるのです。

反対に、軽く相手の誘いにのるようでは、異性に対する魅力低くするというわけ。

気になる人の後ろから不意に名前を呼んだ時、 もしもその人が右側から振り向いたら、きっとその人は異性として見ている(恋愛対象の可能性があります!)と考えられます。

相手が左から振り向いてしまったら、ただ単にヒトとして見ている(恋愛の対象としは見ていない)証拠かも。

最高の笑顔で微笑んでみて。

すると、相手を自分の彼女にしたいというあなたの気持ちをさらりと知らせることができるのです。

口説き落したい相手にもその気持ちを告げることになり、自分を好きにさせる。

「占いを見たら、私たち二人は相性抜群な関係なんだって!」と伝えてあげて。

素敵な言葉を声にすることで「二人は必ず相性がいい」といううまく暗示をかける効果が上がることが予測できる。

>>後藤孝規のSubliminal Talk Master 9個の会話パターン、12個の会話フレーズを言うだけで口説かなくても、勝手に女が落ちてしまうユーモアトーク術<<

男に言えるのは気になる異性が二人で話をしているときに話しかけている相手の目を見る確率が高い。

話しかけた時に聞きながら瞳を他に目を向けず見てくれるか見てくれないかが、自分の男にしたいかどうかの境界です。

しばしば堅い女と言われる女友達というものは、確実に親しくなりたいと思う男の人が出現しても決して仲間に入れず、あなたと彼の二人の奇跡の出会いを邪魔してなかったことにしてやろうとしているのが普通だ親どうしも認めている結婚を前提とした交際のような本当に長期に彼女とお付き合いしたいのなら、とてもやさしい、すごく賢い、さらに忠実なうえに信頼もおけるなんと思いやりもある偉大な父親のような人になれるか。

そんな男性は結婚できないはずがない。

その息吹に少しでも触れたどんなものでも貴いものに変えてしまう、素晴らしい愛の魔法なのだ。

ほかに例えるなら、甘い金色の光で黒い雨雲であっても美しいものに変えてしまう太陽のような力である。

親しくなりたい人につぎ込んだり(お金、心身的に、そして時間的)したことで、一般的な人はそうやって費やした相手を好きになる場合が多い。

それ以上に、好きになるしかなくなること間違いなし!

あねは続かない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です